名無しのSS保管庫

SSや小説崩れを保管している。 恋愛、ミステリ、ホラー、青春、二次。 どれも味が違うので一口吟味をお薦めしますよ。

純愛くんと天邪鬼さん

VSS『男女』~8~

天邪鬼さん
女「男くん、なにか言いたいことはある?」

男「僕もびっくりだよ。まさかここまで放置されるなんてね。三次元で出会ったら後ろからハンマーで襲いかかりたいくらいだ」

女「微妙に話を逸していない? 私からしてみれば、この作者が今に私達を忘れて放置なんてあるだろうと解りきっていたことなのよ。だからあの賭けは継続しないことに賭けたの」

女「忘れてしまったの? では折角読んでくれている方も忘れているだろうから、順を追って説明してあげるから耳かきをセットして待ってなさい」

男「耳をかっぽじってくれるの? やったね!」

女「生殺与奪を握りたいだけよ」

男「女さんの毒舌っぷりの随分と久しぶりな気がするよ……」

※この二人は
男「好きです」女「私は貴方が嫌いだけれどね」に登場している男女です。
VSS一話で男くんはこのVSS企画が十回以上続く方にベット。
女さんは十回も続かない方にベットしました。
期間を設けてなかったので女さんが不利かと思いきや、最後の更新から六ヶ月も経過したので女さんが勝利するかもしれないっていうお話です。
続きを読む

純愛くん「バレンタインは楽しみにしててね!」天邪鬼さん「私が?」

"純愛くんと天邪鬼さん”



第一話

第二話

第三話

第四話

第閑話




■□■□■
続きを読む

ストーカー「登校したら下駄箱にチョコが入ってた」

"純愛くんと天邪鬼さん”
閑話

第一話

第二話

第三話

第四話



■□■□■

続きを読む

VSS『先輩後輩、男女』〜7〜

女「よく考えてみれば10回目までに飽きるという賭け、あまりにも私が不利よね?」

男「そう?」

女「期間を設けていないからいつ更新してもいいことになるじゃない」

男「……そう?」

女「貴方、解っていたでしょ」

男「そうっ」

女「たった二文字に多様性を持たせないでちょうだい」
続きを読む

VSS『先輩後輩、男女』〜6〜

後輩「先輩。今日は天邪鬼さんとかいう結局はツンデレでしかない人と、どう考えてもストーカーな純愛くんが訪ねてくるそうですよ」

先輩「悪意が籠りすぎだろう後輩くん」

続きを読む

VSS『男女』〜5〜

女「此度の四回目まで十一日も期間が空いたわ。作者はきっと飽き始めているわね」

男「これ五回目だし、空いた期間には理由があるそうだよ女さん」

女「どういうこと?」
続きを読む

男「大晦日だよ、女さん」女「あらそう」

"純愛くんと天邪鬼さん”
第四話

第一話

第二話

第三話

続きを読む

続"女「私は貴方が嫌いだけれどね」"蛇足編


 蛇足編。


 女「」トボトボ トボトボ続きを読む

続"女「私は貴方が嫌いだけれどね」"

"純愛くんと天邪鬼さん”



第一話

第二話


第四話



続きを読む

VSS『男女』〜3〜

男「はい、着々と三回目ー」

女「六回目で飽きるでしょうね」




の二人。

続きを読む
livedoor プロフィール
相互リンク、相互RSS希望の方はメール、又はDMをくだされば対応します。
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ