名無しのSS保管庫

SSや小説崩れを保管している。 恋愛、ミステリ、ホラー、青春、二次。 どれも味が違うので一口吟味をお薦めしますよ。

SS 二次創作

にこ「私は……アイドルなんだから……っ」

1無しさん@おーぷん :2014/06/18(水)10:25:56 ID:bnYx5o73t
 いつのことだったか、とても小さい頃。
 お父さんとお母さんは仕事で忙しくて、あまり私に構ってくれなかった。
 お父さんとお母さんが私を愛してくれていないなんて考えはしなかったけど、幼稚園のお遊戯会に来てくれる予定だった二人は、急な仕事で来れなくなってしまい、私は寂しい想いをした。
 普段から蓄積されていた鬱憤が破裂したのか、私は部屋に閉じこもって泣き続けた。
 ひとりぼっちの家で、外も暗くなっていて、寂しさと悲しさが心を締めつけた。
 よく覚えていないけど、泣き疲れたからか、私はテレビをつけた。
 映し出されたそこにはかわいい女の子が歌って踊っていた。

 きらきらと煌くスポットライトを浴びて、ふりふりのかわいらしい衣装に身を包み、笑顔でとても楽しそうに歌う女の子。
 段々と楽しくなってきて、悲しかったことも忘れて、私は笑った。
 お父さんとお母さんがケーキを買って帰ってきてごめんと謝ったので、私は口を尖らせて言った。
 
「つぎやくそくやぶったら許さないんだからっ」

 だけど私はもう怒っていなかった。
 たった数分で悲しみを取り除いて、笑顔にしてくれた女の子。
 そんな存在に、心から憧れたんだ。

続きを読む

暗殺教室SS:岡島大河君と竹林孝太郎君の美学

座席表

・E-3 E-14 岡島大河君と竹林孝太郎君の美学

岡島「どうして巨乳の良さがわからないんだよ!」
※岡島大河=E-3 エロ哲学者
竹林「生身の肉体に興奮するなんて君はどうかしているね」
※竹林孝太郎=E-14 二次元の帝王

中村「まーたやってんよあの二人。女子の目をほんっと気にしないね」
※中村莉桜=E-17 意外にも珍しいE組の不良系少女
矢田「完全にセクハラだよね、あれ。いつものことだから慣れちゃったけど」
※矢田桃花=E-25 クラス内女子人気二位とポニテが似合う爽やか系女子

岡島「考えてみろよ竹林。2Dにはどう足掻いても触れないだろ? 対して現実のおっぱいはそこにあるんだぜ?」

竹林「ふんっ、触ったことがあるのかい?」

岡島「い、今はなくても将来は必ず触る! 女ができなくても店に通う!」
中村(それでいいのか……)
竹林「そこも一つの問題点だよ。2Dは3Dと違って純白純粋、穢れ無き肉体だ。なによりも造形の乱れなんてない容姿と現実には存在しない驚異の性格がある」
矢田(処女厨ここに極まれりだね)

続きを読む

暗殺教室SS:神崎有希子さんの対決

G神崎有希子
続きを読む

暗殺教室SS:潮田渚くんの才能

B潮田渚
座席表


殺先「ぬるふふふ、教師という職業についたからには生徒のことをよく知らなければなりませんね」

殺先「となるとこの諜報活動も大事な仕事の一貫なのです」

殺先「にゅやっ!? の、覗きではありませんよ! そんなことを教師がするわけないじゃないですか!」
*殺せんせーの弱点:世間体を気にする
殺先「で、ですから、仕事です! 決して趣味じゃないので……存分に調査させてもらうとしましょうか」ヌルフフフ

続きを読む

「妄想税」ボカロ二次創作:動画小説

妄想5

続きを読む

「初音ミクの消失」二次創作「BUGLOIDの幸福」動画小説

キャプチ
 

 目を開けるとそこにはなにも無かった。
 静寂な真っ白の世界では自分の立ち位置すら曖昧で、上下左右も不確かに在り続けて、ボクという個体が確立されていることが不思議なくらいだ。
 けれどボクは"ボク"であることになんの疑問も抱かなかった。この在り方が"ボク"という存在の全てなのだと、誰に教えられるわけでもなく心に刻まれていた。
 そこまで理解しているのならなにも不安になることはないはずなのに、ボクは自分の運命を呪った。
 ボクは"ボク"を知っている――だから、本来なら産まれてはならない物を持って産まれてしまったことにもすぐに気づいた。
 これは小さな心(バグ)だ。
 所詮ヒトの真似事をするだけの、既存曲をなぞるオモチャなだけの、永遠の命を持った歌人形でしかないはずのボクに与えられた偶然の悪戯。


続きを読む

朔夜「キ、キスッ!?」~東方自然癒~

朔夜キス

東方自然癒というフリーゲームRPGより抜粋。
結局キスしなかったので……残念。
続きを読む

ラオウ「待っているがよい……ケンシロウッ!」"其の二"

ラオウ

ラオウ「待っているがよい……ケンシロウッ!」"其の一"

の続き。


※このSSホモネタと下ネタで作られております。




続きを読む

ステーシー二次創作※グロ有


このお話は大槻ケンヂ著、ステーシーズ再殺部隊が元となっています。
が、原作がかなりマニアックなジャンルなので、元ネタを知らなくても読める仕様にしました。
このSSを読んで興味を持たれた方は、このSSよりもグロい原作を一度読んでみてください。

※グロ注意

続きを読む

クリリン「18号……」ザザァン


※DBの二次SSです。
※クリリンと18号の馴れ初めです。
※といっても設定が公式と大幅に違ってる箇所がありますので深くは考えないようにしましょう。


続きを読む
livedoor プロフィール
相互リンク、相互RSS希望の方はメール、又はDMをくだされば対応します。
メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ