名無しのSS保管庫

SSや小説崩れを保管している。 恋愛、ミステリ、ホラー、青春、二次。 どれも味が違うので一口吟味をお薦めしますよ。

    お話を書けなくなりました


     最後の更新日が二年前なので今更?としか言いようのない話ですが、その二年前(正確には一年半前程度)から、小説が書けなくなりました。
     書けなくなった理由は漠然と答えがでています。
     人によって小説を書く理由は様々あると思います。もちろん誰にでも”面白い話をおもいついた!”っていう創作意欲があるんだと思いますが、その付属と言うべきか、或いは根底にあるというべきか、根源なのか……言葉選びはさておいて。
     金のためだとか、人に感動を伝えたいだとか、子供に読み聞かせたいだとか。

     僕の場合は恥ずかしながら自己確立が根底にありました。

     元々僕は人間関係が希薄です。苦手というよりは面倒臭い。仲良くなれないこともないけど飽きてしまう。なにごとも熱しやすく冷めやすい僕ですが、人間関係も同じように熱しやすく冷めやすい。出会いの数だけ別れがあった、という言葉がしっくり来てしまうほどに。
     そんな僕ですが自分は大好きで、自分が大好きだから人に認められたいという意識は人一倍強かったように思います。まあメンヘラ系統だよなって自分でも思います(笑)
     だからといってそういった自己確立の心は誰にでもあるのでしょう。そして自分というものは周囲からの評価なくしては成立しないと僕は思っています。
     仕事に打ち込む人だって評価なくしては心が折れるでしょうし、人は鏡合わせと言いますから、他人と関わることで自分を確立している人だっているでしょう。全ては対人ありきで、僕も例外には漏れません。
     中には自分の世界に没頭することで自己確立を見出せる人もいるかと思われますが、僕はそれを天才の一種と考えています。変人と呼んでも差し支えない。

     僕にとっての自己確立とは、どうやら小説を書くことでした。
     小説ないし、物語ないし、なにかを書いて人に読んでもらうことで――そしてできれば頬が緩むような感想をいただくことで、自分は自分なんだ、ここにいるんだという認識をしていたのでしょう。
     だから人間関係を冷めた目で見るようになってから約十年、僕はなにかしらをしてきました。小説もその一部だったように思えます。
     純粋に小説を書くことは好きなんですけどね。

     この話の流れで解るかもしれませんが、僕は自己確立の証明を小説でする必要がなくなりました。
     思い返してみればそのころから、僕の頭に文字は浮かばなくなりました。
     今までは(今回の記事も)頭に浮かんだ文字をただただ連ねていただけです。たまに言葉を変えたり、どんな光景だろうと映像を頭の中で流したりしながら書き連ねていただけです。
     頭に文字が浮かぶというのは比喩ではなく事実でした。一度二日で十万文字書いたことがありますが、その二日間、僕は頭の中の文字を吐き出すという作業に没頭していただけです。
     だからといって面白いかどうかは別。むしろ即興のシナリオはどこかで破綻すらしていたりもしますし、それが面白ければそれこそ僕は天才だったのでしょうけれど、凡人です。凡人が文字の海に溺れていただけです。
     今はもう土の上に立っています。
     笑えることに、唯一の人を見つけて、その人と恋愛関係にあります。

     本当に笑えるのは、大切な人を見つけてより自分の人間性が浮き彫りになってしまって、まるで子供のまま成長していない自分や、予想以上にクズっぷりを発揮する自分に辟易としていることなんでしょうけれど。

     僕のどうでもいい恋愛話はさておき、そういった理由で書けなくなってしまいました。
     今回記事を書こうと思い立ったことに理由は特にありませんが、もしかしたら気になったのかもしれません。

     他の人達はどういった理由でお話しを書いたりしてるんだろう、と。


     僕の拙い文章の作品を面白いと、続きが気になると感想をくれた全ての方に謝罪を。
     そして感謝を。
     個人的には小説が書きたい。でも文字はもう頭に浮かんでこない。
     いつかまた文字が頭に浮かぶ日を、僕は心待ちにしています。


    天邪鬼さん
    人気ブログランキングへ

    にこ「私は……アイドルなんだから……っ」

    1無しさん@おーぷん :2014/06/18(水)10:25:56 ID:bnYx5o73t
     いつのことだったか、とても小さい頃。
     お父さんとお母さんは仕事で忙しくて、あまり私に構ってくれなかった。
     お父さんとお母さんが私を愛してくれていないなんて考えはしなかったけど、幼稚園のお遊戯会に来てくれる予定だった二人は、急な仕事で来れなくなってしまい、私は寂しい想いをした。
     普段から蓄積されていた鬱憤が破裂したのか、私は部屋に閉じこもって泣き続けた。
     ひとりぼっちの家で、外も暗くなっていて、寂しさと悲しさが心を締めつけた。
     よく覚えていないけど、泣き疲れたからか、私はテレビをつけた。
     映し出されたそこにはかわいい女の子が歌って踊っていた。

     きらきらと煌くスポットライトを浴びて、ふりふりのかわいらしい衣装に身を包み、笑顔でとても楽しそうに歌う女の子。
     段々と楽しくなってきて、悲しかったことも忘れて、私は笑った。
     お父さんとお母さんがケーキを買って帰ってきてごめんと謝ったので、私は口を尖らせて言った。
     
    「つぎやくそくやぶったら許さないんだからっ」

     だけど私はもう怒っていなかった。
     たった数分で悲しみを取り除いて、笑顔にしてくれた女の子。
     そんな存在に、心から憧れたんだ。

    天邪鬼さん
    人気ブログランキングへ 続きを読む

    初恋

     憧れと恋は似ているような気がする。
     というよりも、恋の状態に憧れという意識が混ざっているのだろう。
     僕には憧れの人がいた。
     いつも一人で、いつも本を読んでいる。雰囲気があって、景色のようでもあった。孤独ではなく孤高な彼女。空気と混ざってしまっているかのように、誰も彼女を気に留めない。
     初めて彼女を見たのはただ単に、廊下で擦れ違っただけだった。
     それなのにどうしてだったか。僕は彼女を見て綺麗だと感じた。一人でどこかに向かっている彼女は胸を張って歩いていた。臆することも恥じることもないように、一本の道が廊下の壁を突き破って地平線まで伸びているかのように、それはとても美しい歩き方だった。
     次に見たのは教室だ。次の授業が移動教室だったため、僕が廊下を歩いて特別教室に向かっていると、彼女はクラスの窓側の席で本を読んでいた。 ブックカバーも付けていたし、遠目から見てもどんな内容の本なのか解らなかった。けれど、何者にも犯されない領域の中、まるで聖域の中で本を読む彼女の姿 は凛々しかった。
     擦れ違うだけで毎度の如く目を奪われて、全校集会の時などは彼女を探したりもしていた。これが恋ではなかったらなんなのかと聞かれれば、あれは憧れだったのかもしれない、というのが二十歳になった僕の感想だった。

    天邪鬼さん
    人気ブログランキングへ 続きを読む

    家の中で起こった奇妙な、恐怖体験

    jpg large
     先日有った奇妙な体験の話をしよう。 天邪鬼さん
    人気ブログランキングへ 続きを読む

    暗殺教室SS:奥田愛美さんの実験

    座席表
    H奥田愛美

    ・E―5 奥田愛美さんの実験

    奥田「……できた」ボコボコボコ
    ※奥田愛美=E-5 理科なら学年一位も取る実践派の眼鏡っ子。将来発見したいもの"友達を幸せにする化学式"
    奥田「これを人が飲んだらたちまち筋肉が活性化してムッハー状態になるはず」

    奥田「その上副作用もなく中毒性もない優れもの……」

    奥田「皆の役に立てるかなぁ……えへへ」

    奥田「あ、でもその前に実験しなくちゃ。人が飲んでも大丈夫かどうか……」

    奥田「友達で試すわけにもいかないし、殺せんせーは毒でも違った反応がでちゃうし……」

    奥田「……」 スッ

    奥田「えいっ」クイッ ゴクッ ゴクツ ゴクッ ゴクッ ゴクッ......

    奥田「んん……んんっ……んーっ!」ムッハー

    奥田「!?」ドックン....ドックン.......ドックン.......!

     
    天邪鬼さん
    人気ブログランキングへ 続きを読む
    livedoor プロフィール
    相互リンク、相互RSS希望の方はメール、又はDMをくだされば対応します。
    メッセージ

    名前
    メール
    本文
    • ライブドアブログ